筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

毎日、土俵入り

f:id:towarebito:20160813092530j:image 

 

もう将来の夢を思い描くことはありません。

しかし、「ああなればいいな」「こうなったらうれしいな」と、あれこれと願うことは尽きません。

そうやって、小さな「夢」は見続けています。勝手に。

 ということは、苦悩に陥るリスクは、常に抱えているのでしょうか。

それも、自分からすすんで……。

うーん、法語にうなずかされます。

 

今日も、何度、自分と“ハッケヨーイ、ノコッタ”をすることやら……。

 

【今日の法語】

      苦悩というのは、私たちが勝手にみている夢が、現実に出会って、破れた時おこる。

      事実は、自分と自分に相撲をとっているだけのことなのだ。

                                                                                                         渡邉晃純