筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

知る 歩む 人と成る

f:id:towarebito:20160624215813j:image

日々、新聞やテレビなどで伝えられる報道は、人間の苦しみや悲しみがともなったことが多いです。

見るのも聞くのも辛くなるときがあります。

 

「もう、いいや」と思って、新聞をたたんでも、

「全く、嫌だな」と言って、チャンネルを変えても、

その人の苦しみや悲しみが消えるわけではないのですね。

 

目を背けてはいけない。無関係を装ってはいけない。

まずは、知ることから。そして、歩んでいきなさい。

 

人のような顔をして過ごしている私に向けられた言葉なのかと……。

 

 

【今日の法語】

      人間の苦しみや悲しみを知るというところに、人としての歩みがはじまるのです。

                                                                                                          宮城顗