筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

泣きながら生きていいんですね

f:id:towarebito:20160613211922j:image

お釈迦さまは「一切皆苦」と説かれました。

生きている間は、苦しみや悲しみがたくさんあります。

ときには、泣きたくなるほどのこともあります。

泣き崩れて立ち上がれなくなりそうなときもあります。

 

でも、泣きながらでも生きていこうとする中で、

大いなる支えとお育てを感じていくのでしょう。

 

法語の言葉は、次のように続いています。

 

むだなことなんて なにひとつ なかったんだよ

 

苦しみや悲しみは、ひとつでも少ないほうがいい。

そう思う私は、絶えず呼びかけられていました。

 

 

【今日の法語】

       君が生きようとしたぶんだけ、根がしっかりはったんだよ。

       泣きながら大空にむかったぶんだけ、大きく育ったんだよ。

                 いのちのえほんシリーズ『ぼくは  いま  ここにいる』(東本願寺出版)より