筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

争いの種

f:id:towarebito:20160528192508j:image
サミットの報道を見て、
オバマ大統領がヒロシマを訪れた報道を見て、
被爆者の方々の報道を見て、
戦争について考えて、
人と人が争うことについて考えて、
この法語にたどり着きました。
争いの種は私の中にもあるというよびかけとして受けとめます。

【今日の法語】
      私たちの人生の争いは、いつも善と善との争いだということですね。
      善と悪との争いではない。お互いに自分は間違いないという、自分は正しいのだと。
      お互いに自分の善を主張する。
      そして、お互いに自分の善を固執することから争いがとめどもなくおこるのです。
                                                                                                       宮城顗(みやぎしずか)