筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

尊い箱

f:id:towarebito:20160521171317j:image
不要なもの、汚いものを一手に引き受けてくださって…。

我が家の、ナマモノのゴミ箱は外にあります。外です。
重要な役割を果たしておりながら、家の中に入れてあげてない。
嫌ってるわけではないんですけどね…。じゃあ、部屋に入れてやれと言われたら…。
それは無理なんです。匂いとか、ほら…。嫌ってるのかなあ、やっぱり。

さらに思い起こせば、私は中学生から高校生の頃、気に入らないことがあると、
部屋にあったゴミ箱を蹴ったり叩いたりしてました。
それを繰り返すうちに、ゴミ箱に描かれた忍者ハットリくんの顔がひどいことになっていくんです。
(嫌ってるわけではないんですよ)
今でも、忍者ハットリくんを見ると、心苦しくなります。私の暴力的な一面を知っている人なので…。

ゴミ箱の前で、偉そうにしてはいけませんね。
                                                                                                 

【今日の言葉】
塵を集めて、そして嫌われながら、家中をきれいにする役割を果たしているのが塵箱なんですね。
                                                                         真宗生活入門講座Ⅴ『本尊』(東本願寺出版)より
     ※塵箱=ゴミ箱