筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

人間になるということは…

f:id:towarebito:20160518162742j:image

今日、車を運転中、細い路地にて対向車の方が道を譲ってくださいました。
急いでいたので大変有難かったです。
しかし、急いでいたため、頭を下げ忘れてしまいました。
譲ってもらうのが当たり前ではないのに…。反省するも、時すでに遅しです。

人間として生きるとは、人と人との間柄を生きるということ。相手あっての私。
何でもかんでも、当たり前にしていると、一人ぼっちになってしまいますね。
“急いでいる”を言い訳に、おろそかにしていることがありました。
拝める身になれていない自分がいました。

あの時、私に道を譲ってくださったあのお方様、ありがとうございました。
今から、本堂の阿弥陀さまに手を合わせてきます。
                                                                                           なむあみだぶつ なむあみだぶつ

【今日の筆文字法語】
      人間になるということは一切のものが拝める身になるということ
                                                                                                      松扉哲雄