読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

賢さよりも愚かさ

f:id:towarebito:20160514194747j:image
仲野良俊先生(1916-1988・真宗大谷派僧侶)のお言葉です。

「あの人は、何もわかってないなあ」「あいつは、わからずやだ!」と言って、
わかってない人=あの人  /  わかってる人=自分、と決めてしまってる時ってありませんか?

人それぞれ、歩んできた道は違います。だからこそ、考え方や価値観も違うのが当たり前です。
でも、ついつい自分の考え方、賢さを握りしめていくときがあります。
モノの見え方、コトの受け止め方は、人それぞれ違うんですよね。

大切なのは、「自分は、まだまだあの人のことをわかってないんだなあ」
と自分の愚かさに気づいていくことなのかもしれません。
そこから知ろう、学ぼうとしますし、
そうすることによって、もっと世界が広がり、出会いが深まると思いました。

言葉を縁として、“大切なのは、賢さよりも愚かさの自覚”ということを考えさせられました。
                                                                                           なむあみだぶつ なむあみだぶつ