筆文字法語 〜私が出会った大切な言葉〜

浄土真宗(真宗大谷派)の僧侶が、心に残った言葉を筆文字で書き綴っています。

人生の主導権は

「自分で選んだ道だから、言い逃れしようとしてはいけないな。」 しんどい時や、嫌なことがあった時、 そう言って、自分の気持ちを入れ直す時があります。 それは、まず、自分が居て、あれこれを選んだということ。 それは、いつも、自分に主導権があると思…

オモリをはずして

体じゅうにオモリがついていると、身動きがとりにくくなります。 本当は、軽やかでありたいのに。 イメージ、固定観念。いろんな種類のオモリがあります。 誰かにオモリをつけようとしたり、 自らオモリをつけようとするときはありませんか? そんなことすれ…

“かげ”に支えられて

「おかげさま」という言葉は、大抵、うれしい出来事があったり、事態が好転した時にでるよなあ〜。 と思っていましたが、そうでもないと教えられました。 ある日の新聞記事にて、タレントのピーコさんのインタビューを読みました。 ピーコさんは、左目にメラ…

唯我独尊に、励まされて。

それぞれの人が資格、才能、技術など、その人が持っているものを生かして、社会や地域に貢献する。それを企業や行政などが支え、応援する。高度経済成長の「企業戦士」「モーレツ社員」とは違う、新しい生き方を目指す。それこそが本当の「働き方改革」でし…

願うのは、つながりか?分断か?

先日、ハリウッド女優、メリル・ストリープさんが、ゴールデン・グローブ賞の特別功労賞を受賞されました。その受賞スピーチで、「軽蔑は軽蔑を生み、暴力は暴力を生む」と述べました。 某次期大統領の振る舞いを批判する意味での発言だったようです。 この…

苦しみ、悩み、………お育て…。

闇に光

終わりの時

見た者の、責任、行動……。

?の中で

うーん。どうなるでしょう……。 何事にも善悪を決めて、 白黒つけれれば、 わかりやすいのですが、 そうはいかないこともあります。 無理矢理に、白黒つけてもいけませんし…。 人間は、ホントにやっかいです。 わかりにくいことに直面すると落ち着きませんね…

人 の 心 通じない

心を開いたから、つながりを持てたのか。 つながりを持てたから、心を開いたのか。 どっちなのかわかりませんが、 まあ、心を開いてできたつながりは強いです。 これは、やはり認めるということがキーワードでしょうか? 「自分だけ認めてくれ〜」では、いけ…

もがきつつ前進

もがくのは、エネルギーを使います。 でも、もがきが歩みならば、 一生懸命もがこうかな、と。

人を思う、やりとり。

この時期、お歳暮やら、年賀状やら、考え始めますが…。 そういったご縁が、 モノのやりとりで終わっていませんか? 頂き物、届け物の先には“人”がいますよ。見えてますか? と問われたような気がしております。

騙されないぞ!

最近、テレビCMで出会った ビートたけしさんの言葉が心に残ったので、 詩集を買って読んだら、 また、心に止まる詩と出会いました。 生き方をも方向づけされることで 見失うものがある。 そう感じました。

生まれて つながって 助けられて

ふと、自分の誕生について考えてます。 はからずも生まれ出て、 多くの人に受けとめられて、 今日まで生きることができて、 そんな私が愚痴を言っている。 ただただ、 すみません と ありがとう です。 【今日の法語】 ある日 この世に誕生 それから私には …

雑にならぬよう

日々の出会いを通して、 雑談しているのか? 対話できているのか? 問われました。 【今日の法語】 対話というのは 問題が明らかになってくる。 問題が明らかになってこないような対話は、 そりゃ雑談である。 宗正元

拝んで、拝んで。

仰々しく、恭しく、祈り、 願う。 「何よりも、誰よりも、この私に良き結果を!」 消えないんですね。この心が。 【今日の法語】 神さまを拝んでいる 仏さまを拝んでいる と言っているけれども、 実は、自分の都合のいいようになりたい ということなのです。…

地獄の製造元

思い通りにいかない時、 どこを見て、原因探しをしているのか? 問われてるように思います。 【今日の法語】 我執煩悩に生きている私たちの生活から地獄がないと言えるでしょうか 私たちは現に日々、地獄を造りだしているではありませんか 池田勇諦

成就しなければならないのは…?

「安心したい!安心したいから、あれが欲しい!」 「人に認められたい!認められたいから、あの能力が欲しい!」 そんな思いがきっかけとなり動き出す。 ということを繰り返していますが……。 そこにある問題…、 今の自分が認められないという問題を見失いつ…

「あったりまえ」…か。

職業柄と言っていいのか…、お参り先ではご高齢の方とお会いする機会が多いです。 そして、度々会話の中で、 「歳をとると、いいことないわ。体も思うように動かなくなるし…」となり、 「そうなんですね。でも、いつまでも元気でいて、長生きしてくださいよ」…

土は 〜 広いな 〜 大きいな

好きな人は支えたり… 嫌いな人は支えなかったり… しかもしかも、だまって支えるだけではなく、 「私は支えたぞ」と勝手に恩を着せたり…。 そんな私は、大地にだまって支えられているんですよね。 そんな私は、足元に、大地に向かって、 「申し訳ございません…

日々、人間味が

今日から9月です。 このひと月、どんな味付けをしていただけるのか。 とりあえず、いろんな出来事やってこい!の精神で始めていきたいと思います。 【今日の法語】 すべての出来事から、 「この私を味のある人間として、育てていただいている」 と実感できた…

裏にあること

今年のお盆、この言葉に出会いました。 別れの悲しさ、寂しさの中で、感謝と喜びを呼び起こしてくれました。 別れて、いよいよ出会いが輝き出します。 表だけ見ていては気づかないことでした。

よきひと 都合の よきひと

尊敬する人や影響を受けた人との出会いは大切です。 そのような出会いを賜ると、ホントにうれしくなります。 でも、気をつけなくてはなりません。 その出会いを利用して、自分を大きく見せようとしてしまうときがあるからです。 そんな時、喜び、崇めながら…

毎日、土俵入り

もう将来の夢を思い描くことはありません。 しかし、「ああなればいいな」「こうなったらうれしいな」と、あれこれと願うことは尽きません。 そうやって、小さな「夢」は見続けています。勝手に。 ということは、苦悩に陥るリスクは、常に抱えているのでしょ…

よごれを拭ってくれたのは……

「もういいや」とあきらめたり、 「これでいいや」と妥協したり、 そんな自分が生きていられるのは、 この法語にある「ぞうきん」のような存在に支えられているからこそ。 ふとした時に、それに気づくと、 申し訳なくなり、 自分に腹が立ったりと、 ホントに…

丁寧に、力をぬいて

「つかむ」には、「物を強く保持する、我が物とする」という意味があるそうです。 「汲みとる」には、「おしはかる、おもいやる」という意味があるそうです。 言われてみれば、「つかむ」というと少し乱暴な印象を受けます。 力が入っている感じがします。 …

チョウチョ♪ チョウチョ♫

軽やかさの有無。それが自分と蝶の違い。 「こうなったらダメ!」「あんなふうに、ならないといかん!」 気がつけば、身も心も凝り固まってしまう。 気がつけば、今の自分を大切にできていない。 自分が飛べない理由は何なのでしょうか? 「他の誰かみたいに…

そこ かしこ に

気がつくと、亡くなった人のことを考えているときがあります。 何がきっかけになって、そうなったのかはわからないのですが…。 花を見て、 空を見て、 ある言葉を聞いて、 何かを食べて……、などなど。 それは、亡くなった人が、花に、空に、言葉に、食べ物に…

結果より、前と後。

結果にとらわれて、結果に振り回されることが多いです。 今日の法語を 「結果をきっかけにしてみてはどうか?」 というよびかけとして受けとめました。 大事なのは、結果に至るまでの過程と結果が出たあと。 少し肩の荷が軽くなりますが、一日一日の重みを感…